プラズマ乳酸菌でアンチエイジング!健康寿命が大事なんです!

MENU

プラズマ乳酸菌には嬉しいアンチエイジング効果も!

最近生まれた概念に“健康寿命”というものがあります。健康寿命とは介護が必要ない状態でいられる年齢のことを言います。医学の発達により人間の寿命は飛躍的に伸びています。しかし、あなたは老後を寝たきりで迎えたいと思いますか?

 

健康寿命を伸ばすにはアンチエイジングが最重要事項

テレビや雑誌などで“美魔女”特集を見たことはあるでしょうか?実際の年齢に比べ見た目が劇的に若い女性が増えてきましたよね。彼女たちのライフスタイルを見てみると、お肌や体型を維持する為、いわばアンチエイジング(抗年齢)の為に日々たゆまぬ努力をしていることが分かります。そのおかげで“美魔女”と呼ばれるほど見た目を維持しているのですね。

 

つまり!!年齢(エイジング)は誰にとっても“同じ”ではないと言えるでしょう。彼女たちほど見た目に力を入れられる人は稀でしょうが、基本的にアンチエイジングに関する考え方は同じです。

 

プラズマ乳酸菌が持つアンチエイジング効果

キリン社が行ったマウスによる試験の中で、プラズマ乳酸菌にアンチエイジング効果が確認されています。2014年6月に行われた第14回日本抗加齢医学会で発表された内容が以下の通りです。

【実験内容】

生後5週〜82週までの約2年間、“標準食のみを与えたマウス”と“プラズマ乳酸菌を加えた食事を与えたマウス”の2つのグループの“加齢現象”を調査

 

【調査結果1】

アンチエイジンググラフ 図解

(キリン社ホームページより)

この調査により、82週目のプラズマ乳酸菌を加えた食事を与えたマウスグループは、標準食のみのマウスの51週目の状態とほぼ同程度の加齢状態であったことが分かります。ここで言う加齢状態とは毛ツヤ、皮膚表皮、筋肉量のことを指します。

 

【調査結果2】

アンチエイジンググラフ 図解

(キリン社ホームページより)

アンチエイジング効果の確認とともに、マウスの寿命についても有意な結果が得られています。82週目の段階で、プラズマ乳酸菌を摂取していたマウスの生存数15/16匹、標準食を与えていたマウスの生存数は10/16匹となっています。免疫力の活性化により、日常的な感染・がん化を防ぎ、体内での累積炎症頻度を低下させ生存率の向上にも繋がると考えられます。

 

 

これらはまだ現段階ではマウスにおける試験結果でしかありません。しかし、免疫力を高めるという作用から得られる結果ですので、人間に対しても同様の結果が得られるのではないかと期待されています。